アラフィフランド

アラフィフの日々は色々忙しい。皆さんのお知恵拝借して楽しく暮らしてます。

インスタでも好評のマキタの掃除機をアマゾンで買ったよ

 

 

 

 

今まで使っていた掃除機のヘッドが2か月前に壊れてしまいました。

とりあえず安いヘッドを買って着けてみたんですけど、吸っているという手ごたえがなくなって掃除の度にストレスを感じていたのですが、この度スティック型掃除機を買いました。

掃除魔の旦那さんと珍しく意見が合いましたので購入することになりました。

インスタでも評判のマキタさんの掃除機

 

    f:id:junpekun:20180910192027p:plain

 

前からインスタを見てて使いやすそうで、シンプルでかっこいいなあと思っていたマキタさんの掃除機です。1年位前からサッと取り出して使いやすそう

だったので次買うならこれだ!!って思っていました。

 

 

 

ヘッドは小さめ

      f:id:junpekun:20180910193727j:plain

 

ヘッドが小さめですがうちはマンションでワンフロアで部屋が全部フローリングですので許容範囲内です。

 

      f:id:junpekun:20180910194153j:plain

 

吸い込み口はこんな感じです。じゅうたん用ノズルは別売りです。

パーツのひとつひとつが軽ーい!

別売りのサイクロンアタッチメントも買ってみた

      f:id:junpekun:20180910194522j:plain

 

紙パック式なんですが私は別売りのアタッチメントを買って取り付けています。

これを付けると吸い込んだゴミが紙パックではなくブルーのアタッチメントのところに溜まります。

簡単にサイクロン方式になるというものです。

紙パックがこんなに小さいのでサイクロンアタッチメントを買っておいて良かった~。

 少し充電中の音が気になるかも

      f:id:junpekun:20180910203057j:plain

 

充電をする時にウイーンっと少し音がするところが少し気になります。

空の状態からフル充電にするには22分かかります。十分早いです。

使い心地は?

      f:id:junpekun:20180910204321j:plain

 

肝心の使い心地ですが小回りがきくし吸い込みもフローリングならこれで十分です。

吸い込みの音が普通のもの?と違い業務用っぽいです。すぐに慣れると思いますが。

 

吸引力は標準、強、パワフルの3段階です。

便利だと思ったところは薄暗いところを照らすLEDが本体に付いているところです。

 

バッテリー込み本体の重量は1.1kgですが、アタッチメントをつけると少し重たくなり取り回しも少ししづらくなるという部分はあります。でも前の掃除機のように本体を引きずる重さは全然ありません。

 

      f:id:junpekun:20180910204859j:plain

 

ここをパかっと開けてごみを捨てるのでラクラクです。ゴミ受けのアタッチメントが細長いスティック状なのでごみ箱に捨てる時にスッとゴミが捨てられてストレスがたまりません。

このゴミ受けのパーツは簡単に水洗いできるので清潔に使えます。

小回りが利くから便利

      f:id:junpekun:20180910205235j:plain

 

こんな使い方も出来ます。ソファーや車をきれいにする時にいいですね。

軽いのでチビがお菓子を食べ散らかしてもサッと持ってきてサッときれいに出来る掃除機です。掃除マニアさんでしたら吸引力がもの足りないかもしれませんので上位機種をお買い求めされたほうがよろしいかもしれません。

 どこが一番気に入ったかというと..

なにを置いてもシンプルでスキっとしたmakitaのロゴが光るハンサムなルックスが気に入りました(*´з`)お掃除がんばります。

         f:id:junpekun:20180910213554p:plain

🌸後日記🌸
旦那さんが掃除機を引っ掛けるところと充電器をこんな風にクローゼットの中に壁付けしてくれました。かがまなくていいし固定されているので使いやすいです。ありがとう♪♪✨✨

 

    f:id:junpekun:20180924101624j:plain

 


 

 

おそうじ、おかたずけのヒントがいっぱい♪

掃除&片付け ブログテーマ

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ステキ雑貨、買いました♪

 

いつも 応援クリックいつもありがとうございます!よろしくお願いします(*'▽')

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村