アラフィフランド

アラフィフの日々は色々忙しい。皆さんのお知恵拝借して楽しく暮らしてます。

夫婦仲上手くいかない時に読み返す詩【祝婚歌】

f:id:junpekun:20180719194536j:plain

 

こんばんは、皆さん独身の方、既婚の方色々なお立場ですね。

既婚の方は皆さんご主人様とはうまくいっていらっしゃいますか?

 

私は若くして結婚してからもう32年経ちました。パートナーがいるということは幸せなことであります。感謝しなくてはいけないなってわかってはいますがこれまで色々あったパートナーの顔もみたくもない日も出てきます。

            f:id:junpekun:20180917204022j:plain

 

ちょっとしたきっかけで今まで仲良くやっていこうという努力を悲しくも打ち砕かれたような気持ちになる日もきます。

 

それはたぶん彼からしても同じだと思います。

そんな時は吉野弘さんの祝婚歌という詩を読み返す時があります。

        f:id:junpekun:20180917194251j:plain

祝婚歌

 

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派過ぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかがふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いて いるほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で 風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そして

なぜ胸が熱くなるのか

黙っていても

二人にはわかるのであってほしい

 吉野弘著 ”二人が睦まじくいるためには”より

 

すべての人間関係にもあてはまる詩だと思います。

これからも今日みたいにこの詩を読み返す日が来ると思います。

なかなか実行は出来ません。

 

変なプライドがあって近くにいる人には甘えているからかむき出しになっちゃう。

何か言われてもペロッて舌を出せるくらいになりたいなあ。

と思います。ギスギスしていると結局自分を傷つけますから。

            f:id:junpekun:20180917203920j:plain

 f:id:junpekun:20180810174449p:plain